山形のピンサロのナース倶楽部(天童温泉)

山形のピンサロ/天童のナース倶楽部は本番できるのか?

天童のピンサロ

 

天童のピンサロを紹介します。

 

天童温泉には「ナース倶楽部」というピンサロ店が営業していることを最近知りました。

 

ナース倶楽部の前に行くと呼び込みの店員さんに声をかけられます。


 

住所は山形県天童市鎌田本町1丁目6-5になります。

 

 

料金は30分9000円とちょっと高くないか?と思う価格です。

 

 

このブログを読んだ方は、もう山形女子を「田舎娘」だと思ってバカにしてはいけません。

 

たしかに純山形県産のおれは「チビ・ハゲ・ブス」の三拍子がそろった変態中年です(笑)

 

でも、若い山形女子は違います。

 

もうおれなんかとは別種類の生き物です。

 

とくに風俗界隈の山形女子は、日本国内においても特別な進化を遂げているんじゃないかと、おれは心ひそかに自負しているくらいなんです(笑)。

 

お肌の色が白いことはいうに及ばず、プロポーションがすごいっす。

 

9頭身、10頭身は当たり前。

 

脚も長けりゃ、手も長い。

 

おまけに米沢牛の良質なお肉とミルクで育ったせいか巨乳さんが多いんですね(笑)

 

うそだと思うならみなさん。

 

ちょっとリンク先のデリ店に飛んで、「在籍女子一覧」をクリックしてみてください。

 

ね?

 

素晴らしいでしょう?

 

なんか全員が女優の「菜々緒」みたいな体形をしているでしょう。

 

男なら一度くらいこういう女子のおまんこをくぱあっとしたり、クリトリスをペロペロしたり、亀頭をフグフグされたりしたいと思いませんか?

 

申しわけありませんが、おれは実際にそうしてもらってきました(笑)

 

ピンサロのナース倶楽部を利用してきたので感想を書きます。

 

ナース倶楽部の玄関を入ると2階に上がるようになっています。

 

店内は暗くて昔キャバレーで流行ったミラーボールやダンスミュージックがかかっています。

 

お支払いは前金制となってました。

 

店内はわりと広く120センチぐらいのソファーが並んでいます。

 

このソファーでプレイするのですが、ピンサロなので回りのお客さんも見える訳ですね。

 

生憎、この日は17時頃に利用したのですがお客さんは私を入れて3名でした。

 

既に他のお客はプレイ中で世界に入り込んでいるので気になりません。

 

譲はおそらくギリギリなのでしょう。一人のピンサロ譲がソファーにやってきました。

 

アラサーぐらいの年代ですね。

 

ピンサロ譲の洋服はナース服でミニスカです。

 

もってきた飲み物をいただくとチャックを下ろしてタオルで男性器を洗浄します。

 

彼女も半全裸状態になりオッパイとアソコをおさわりさせてもらいました。

 

彼女は感じながらもフェラチオを開始。

 

ピンサロ独特の雰囲気にやられ20分で発射!

 

本番は男性スタッフの監視もありできません。円盤でも不可能でしょう。

 

やっぱり、人目のあるところでのプレイはあまり好きになれません。

 

譲のレベルは40点そこそこです。

 

  • 利用したピンサロ:ナース倶楽部
  • 料金:30分9000円
  • 住所:山形県天童市鎌田本町1丁目6-5

 

 

 

 

夜になると性欲が戻りデリヘルも利用してきました。

 

「はじめましてー♪ メグ○ですー♪」

 

いやいや、まいりました。

 

度肝を抜かれる、というかキン玉を落としそうになるほどの美少女です(笑)。

 

お顔の感じはいまをときめく桜井日菜子ちゃんにクリソツのアイドル顔。

 

身長は151センチのおチビでありながら9頭身の超絶プロポーションをしています。

 

なぜ「おチビなのに9頭身か」というと、めっちゃお顔が小さいからです。

 

それでいてやたらと手足が長いわけです。

 

そのうえやっぱりお乳はEカップの美巨乳なんですね(笑)。

 

だから山形女子ってすごいっていったでしょう!

 

ビバ! 山形女子!

 

しかも彼女は業界にデビューしたばかりの新人さん。

 

「わたしって身体が敏感すぎて困ってるんです♪ もしかしたらかなりのMなのかもしれません♪」

 

メグ○ちゃんはそういうと、真っ白い歯をみせてはにかみました。

 

うひょー!

 

それでは変態おじさんが、メグ○ちゃんの隠れた才能を開花させてやろうじゃありませんか!

 

「うれしー♪ メグ○にエッチなこと、いっぱい教えてくださーい♪」

 

きゃ、きゃわいいいいいいい!

 

受付の黒服さんによるとメグ○ちゃんは、このお店のリピート率NO1なのだそうですが、納得です。

 

おれなんか正直この段階でかなりの精液をチビっていたくらいです(笑)。

 

「それじゃあ、お背中お流しいたしますので♪」

 

メグ○ちゃんはおれの腕をプリンプリンのお乳にスリスリさせながらバスルームにむかいました。

 

 

 

メグ○ちゃんの裸体は超一級の芸術品のようでした。

 

驚くほど立体的に突きでた丸いお乳。

 

ピンク色の乳輪&乳首。

 

しなやかなウエストからお尻にかけての官能的な曲線美。

 

なだらかな起伏でもりあがった恥丘には、健康的な陰毛がフッサフサに生えています。

 

「毛深くて恥ずかしい♪」

 

たしかに。

 

これじゃあわれめが完全にジャングルの中に埋もれています(笑)。

 

「え? われめを広げるんですか? いいですよ♪」

 

メグ○ちゃんはわたしのリクエストに応じて、自分の指でまんこをくぱあっと開いてくれました。

 

「どうですか?」

 

うううううううう。

 

見た目はジャングルですが、中身は素晴らしい「お花畑」です!

 

上品な桜色をした肉ヒダが、じつに端正に折り重なっています。

 

包皮の隙間からムニュウっと生まれたクリトリスがパールのように光っています。

 

おれはさっそくそのパールを存分に舌で揉んで、捏ねました。

 

「あ、ああ♪ だめ、そこは感じすぎちゃうから……!」

 

たしかにクリトリスはすでにパールからパチンコ玉くらいの大きさにまで勃起して、まんこからみるみる愛液があふれてきます。

 

「あああ、いい! 気持ちいいいいい! だめだめだめだめ、もういく、いっちゃう! あ、いく! あ、ああああああ!」

 

メグ○ちゃんはキュウキュウとアナルを陥没させながらいっちゃいました。

 

おれはそのとき彼女がちびった愛液とおしっこを一滴逃さずに飲み干しました。

 

ものすごくスイートな体液です(笑)。

 

そのあとメグ○ちゃんは、プルンプルンのお乳をヌルヌルにしておれの全身を洗ってくれました。

 

尖った乳首の感触がどうしようもなくワイセツで、心地いいです(笑)。

 

ベッドに移動してからは、ほとんど夢のようでした。

 

美しいメグ○ちゃんのお口に埋没したおれのチンコは、長い舌に巻きつかれ、ヌルヌルとこすられて嬉しい悲鳴をあげつづけました。

 

メグ○ちゃんの口まんこによってそのままチンコがとけてしまいそうです。

 

(実際のチンコはガッチガチに硬くなっていましたが)(笑)

 

それにしてもまだ新人だというのに、どうしてこんなにチンコを舐めるのがお上手なんでしょう。

 

と思ったら、すまたの腕前はフェラーリを越えてました。

 

メグ○ちゃんはおれのチンコをまんこのヒダヒダで包みこむと、亀頭とクリを捏ね合わせるようにしてゆっくりとお尻を回し始めました。

 

ちょっと待ってくれ、メグ○ちゃん。君はどうしてこんなにすまたが上手なんだ。………あ、あああ、気持ちよ過ぎる!

 

おれのチンコはメグ○ちゃんの愛液にまみれ、小陰唇やクリトリスとともにヌルヌルになって、揉まれ、捏ねられ、みるみる射精ポイントに近づいていきました。

 

「あ、あああん、当たる! クリに当たって気持ちいい! どうしよう、わたし、もういっちゃいそうだよおお!」

 

「いいよ。きてくれ、メグ○ちゃん、いこう。一緒にいこう!」

 

「あ、ああああああ、いくうううううう!」

 

「うおおおおおおお!」

 

メグ○ちゃんはまるで間欠泉のようにまんこから体液を吹き、おれはおしっこのような勢いで精液をぶちまけ、わたしたちは硬く抱き合って絶頂のあとの余韻を楽しみました。

 

きっとメグ○ちゃんってプライベートでそうとうエッチな修業を積んでいたんでしょうね(笑)。

 

リピーターが殺到するのも納得です。

 

はい。おれも近いうちにリピーターになる予定です。

 

関連記事