デイトナ(山形のデリヘル)調査!本番できるかな

デイトナ(山形のデリヘル)で本番にチャレンジ!

デイトナ

 

 

デイトナは本番できるのか?アタックしてきました。やっぱり中年では基盤はNGで円盤もNGでした。


 

 

みなさんは山形の名産ってなんだか知っていますか?

 

はい、米沢牛とさくらんぼです。

 

たしかに米沢牛とさくらんぼは、世界のグルメからワールドクラスのお墨付きをもらってます。

 

だったら米沢牛とさくらんぼ以外の名産といったら?

 

玉こんにゃくとだだちゃ豆です。

 

でも誰も知りませんよね。

 

そんなもん県民のおれだってそれほど好きではありません。

 

でもね。じつは山形には山形県民しかわからない「隠れ名産」があるんです。

 

それはね。

 

「女の子」っす(笑)。

 

あんまり評判にならないけど、山形女子ってめちゃめちゃ美味しいんです。

 

とくに風俗女子に関しては世界遺産並みのクオリティーがあると、おれは心ひそかに自負しているんです(笑)

 

ねえ、山形県民のみなさん。ここはひとつ、思い切って山形風俗を世界遺産に申請してみませんか?

 

だめっすか?(笑)

 

というわけで今日も、県民自慢のデリ店をご紹介いたしましょう。

 

 

今回ご報告するのは「デイトナ」というデリ店っす!

 

ここのお店に在籍しているのは10代から20代前半のミルキー女子が約100名。

 

デイトナのコンパニオン

 

ざっと見渡しただけでもみなさん、とんでもなくスタイルがビューチフルっす(笑)。

 

料金設定は(会員価格)50分12,000円、60分14,000円、80分19,000円。

 

(新規割り、リピート割りなど、割引企画多数。詳しくはHPで)

 

デイトナの口コミ

コトミ良かったよね!

キスもするし、ゴムありやけど 締まりよしで文句なし

山形全体がな じいちゃん達たくさん利用するから店的には問題ないんだろうよ

ゴムありなの?

怖いからつけてた

引用:爆サイ

 

デイトナの口コミを見るとコトミちゃんが人気のようです。

 

なんんでもゴムありだの書かれていますが、これは本番できたって事でしょうか?

 

締りも良いってことはあるのだと思われます。口コミに期待して利用してみました。

 

しかし残念ながらコトミちゃんはスケジュールに入っていなかったので二番目に一押しだったココ〇ちゃんにしました。

 

デイトナを利用した体験

今回おれのデカチンをヌルヌルにしてチュパチュパしてくれたのは「コユ○ちゃん」(19才)でした!

 

 

「はじめましてー♪ こんばんはー♪ コユ○ですー♪」

 

長い髪をひるがし、コユ○ちゃんが部屋にはいってきました。

 

彼女は「チビ・ハゲ・ブス」の三拍子がそろったおれと、同じ生き物とは思えません。

 

まず彼女はとっても小顔で手足がバカ長いです(笑)。

 

全体にスレンダーなのにお乳がEカップの美巨乳。

 

お顔の感じはアイドル系の美ロリ・フェイス。

 

で、なにより色の白さがハンパないっす。

 

でも、みなさん。

 

色白、といっても山形女子を甘くみちゃいけませんよ。

 

西側の女子とはぜんぜん「白さの質」が違うんですから。

 

コユ○ちゃんが月山に降り積もった新雪だとしたら、関東より西の女子は工事現場に積まれた砂山です。

 

コユ○ちゃんが大福とだとしたら、西側の女子はきなこ餅です(笑)。

 

やっぱり雪国の女子ってメラニン色素の量が圧倒的に少ないんですね。

 

透明感や肌のきめ細かさがまるで違うんです。

 

そうでなくても19才の初々しさが全身からみなぎってます。

 

 

しかも彼女は現役の女子大生なんですって。

 

ううううう。

 

もしキャンパスにこんなエロカワ女子がいたら、若い大学生や変態教授が放っておくはずがありません。

 

「よく合コンに誘われるんですけど、わたしに寄ってくるのって巨乳フェチの変態ばっかりなんです♪」

 

そういうけどコユ○ちゃん。

 

おれだって巨乳フェチの変態で、そのうえ中年だよ。

 

「わたしを指名してくれるお客さんは変態でもいいんです♪」

 

よく意味がわかりませんでしたが、そんなことで言い合っても仕方がないので(笑)、雑談はそこそこにして、まずは一緒にお風呂にはいることになりました。

 

 

いやあ、湯けむりに浮かぶコユ○ちゃんの裸体が、超絶エロエロしいです(笑)。

 

19才のコユ○ちゃんは、今年40才のおれからすれば娘のような年齢です。

 

そんな女子と一緒にお風呂に入っているなんて、それだけで背徳的です。

 

「コユ○ちゃん、背中を流してあげようか?」

 

「お願いしまーす♪」

 

わたしはボディーシャンプーで彼女をヌルヌルにして、背後からお乳を揉み、小粒な乳首をクリクリとつまみました。

 

「あ、はあ……! くすぐったい……!」

 

「じゃあ、まえを向いて。お股を開いてみようか」

 

「こうですか?」

 

コユ○ちゃんのようにお乳が大きい女子というのは、たいていおまんこも豊満です。

 

こんもりとした恥丘には淡い陰毛がそよぎ、その下に見事な一本筋の割れ目が控えています。

 

「それじゃあおまんこの中もキレイキレイしようね」

 

「はい♪ お願いしまーす♪」

 

それじゃ、いくよー。

 

われめをくぱあっ。

 

ううううううううう。

 

なんて美しいおまんこなんでしょう。

 

真っ白いコユ○ちゃんのわれめのお肉と、エロエロしいピンク色のひだひだとの対比が、めっちゃワイセツです(笑)。

 

「綺麗なピンク色だね」

 

「ありがとうございます♪」

 

「意外とクリトリスが大きいんだね」

 

「おっぱいと一緒に大きくなっちゃったみたいです♪」

 

「お口で綺麗にしてあげようか?」

 

「お願いしまーす。わたし、舐めてもらうの大好きー♪」

 

コユ○ちゃんはそういうとおれの目のまえに仁王立ちして、がに股になりました。

 

おれはたまらずコユ○ちゃんのクリにむしゃぶりつき、舌で揉んで捏ねました。

 

「あ、ああ、気持ちいい……! あ、あ、あああ!」

 

コユ○ちゃんはお尻をくねつかせながら、自分からクリトリスをおれの口に押しつけ、

 

「あ、ああ、いく! いく、いく、いくううううう!」

 

アナルのしわをキュウキュウと揉み合いながらいっちゃいました(笑)。

 

「今度はわたしが洗ってあげる♪」

 

コユ○ちゃんは自慢のお乳でわたしの身体中をムニュムニュしてくれたあと、チンコを挟んでパイズリしてくれました。

 

お、おおおおおお!

 

気持ちいいいいいいいい!

 

ベッドに移動した後は「パイズリ&フェラーリ」の合わせ技です(笑)。

 

それにしてもまだ19才(で女子大生)だというのに、コユ○ちゃんってどうしてこうチンコの扱い方がお上手なんでしょう。

 

だ、だめだ、おれ、いっちゃいそうそうだよ、コユ○ちゃん!

 

と思ったんですが、コユ○ちゃんはチンコの特性を知り抜いていました。

 

おれがいく寸前で口からチンコを抜いて、「寸止め」を繰り返すのです。

 

そうしておれのチンコの感度が限界まで高まったのを見計らって、いよいよすまたに突入です。

 

「あ、あああ、コユ○ちゃん! たまんない! 気持ちよすぎる!」

 

「待って!一緒にきて! 一緒にいこ!」

 

コユ○ちゃんはプニョプニョまんこでチンコを包み込み、小陰唇のグニョグニョを絡めてきます。

 

「あ、ああ、当たってる! いい、いい、いい、気持ちいい! いく! もう、いく!」

 

「コユ○ちゃーん! あ、ああああ!」

 

「あ、ああ、いくうううううう!」

 

わたしたちはガッと硬く抱き合って、何度も身体を痙攣させました。

 

山形女子のおまんこってほんとに気持ちいいです。

 

おれは山形の風俗大使として、これからも山形女子のおまんこの素晴らしさをみなさんに伝えていきたいと思います(笑)。

 

本番はできませんでした…爆サイの口コミはガセネタばかりです…

 

ちなみに写真はセフレの写真を代わりに貼ってます。

 

関連記事